一戸建て注文住宅の塀に関して

最近一戸建て住宅の外観を見ると、しっかりとした塀を作らないで、郵便受けなど要所要所にとどめるようにしている物件をよく目にします。我が家でも現在の注文住宅を作る際に、オープンな感じがよいかと思って塀をぐるっと回さないで、郵便受けとか玄関の目隠しにあたる部分だけにしてみました。そうすると、通風や採光に関しては思っていたよりも良い効果があり、オープンな感じも期待したとおりでした。

 

ただ、家の中から外を眺めたとき、道路と我が家の敷地の境界に当たるところが不明確になるので、敷地の外側がぐぐっと窓のあたりまで迫ってくるような感覚を覚えるのでした。住宅の外壁の手入れや草むしりなどでは、塀がないおかげでかなり行いやすくなったのですが、境界が不明確な感じは、どの評価したらよいのか、はっきりと言えない状態です。これから注文住宅を建てるにあたって、オープンな塀にしたいと考えている人は、一度確認する必要があると思うのでした。