建売住宅は安いから悪いというわけではない

建売住宅に対するイメージと言えば、やっぱり「安かろう悪かろう」だったりするのですよね。けれども、実際に建売住宅を見て回っているなかで変わる建売住宅に対するイメージはありますね。実際に建売住宅を見て回っていますと、「安かろう悪かろう」から「安い建売住宅には理由がある」というものに変わるのですよね。目が肥えてくると言いましょうか。

安い建売住宅が悪いとは言いません。安めの価格の建売住宅の場合、いろいろなところに工夫が見られますね。なかでも目立つのが「スペースの節約」です。安い価格帯の建売住宅は、決して広いと言えるような土地に建っていない建売住宅が多く、そしてだからこそ限られたスペースを有効活用しようという工夫が見られるのです。そのことを建売住宅の見学の際に、会社の方もアピールしますし。

たとえば、クローゼットの幅がやや狭めだったりですとか、リビング階段で階段に割く面積を節約していたりですとか。他にはキッチンとダイニングとリビングをそれぞれ区切らずに、一部屋のスペースで収めることによる節約ですとか。

ですから建売住宅をたくさん見てきてわかったことと言えば、建売住宅が安めだから悪いものというわけではなく、安くなるように努力がされているんだな〜という見方になりましたね。結局こだわりは注文住宅で実現する方が早道なのかなと思います。

 

<PR>女性向けエステ.com|貯蓄|マッサージのリアル口コミ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|お小遣いNET|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|工務店向け集客ノウハウ|オーディオ|英語上達の秘訣|初値予想|